離婚・関係修復・異性問題・家庭内暴力・親権・子供・離婚後の生活不安・仕事(人間関係) ・年金分割・公正証書・成年後見・財産分与・夫婦問題相談所・離婚協議書・公正証書・内容証明

離婚と税金

離婚と税金

離婚の際、慰謝料、財産分与、養育費を現金で受け取った場合、いずれもそれが妥当な金額である限りにおいては贈与とはならず、支払う側も受け取る側も税金はかかりません。

例外的に、将来の養育費まで一括して支払いを受けた場合、贈与税の課税対象になります。というのは、養育費の必要は月々具体的に発生するものですから、必要な都度支払われたものについては非課税としますが、将来の養育費はいまだ具体的に発生しているものではないので、将来分まで一括払いを受けた場合には贈与となるということからです。

養育費の場合は月払いが通常なのですが、常に支払が滞ってしまうという不安がつきまといます。
そのため、一括払いを受けることにメリットもあります。

メール相談は年中無休 askmedirekto@gmail.com

Copyright © 離婚相談・カウンセリンググループ Direkto Group All Rights Reserved.